葉わさびと感覚のなす術

  • 2017.04.17 Monday
  • 18:35

葉わさびのしょうゆ漬けを作りました。

たまたまスーパーの農家直送コーナーに並んでいて、手に取った葉わさび。

 

どんな調理法かも知らないけれど、小さい時に奈良の吉野の親戚が送ってくれていたわさびのしょうゆ漬けができるのではないかと思ったため。

父方の故郷の奈良の吉野は水がきれいなところ。

毎年時期が来ると送ってくれたしょうゆ漬けが食卓に並び、母に「辛いから!」と怒られながら食べた大好きな食べ物です。

でも作り方が難しいらしく、葉わさびを送ってもらっても母は辛みを出せなかったようで、親戚に電話で聞いていたのを覚えています。そんな感じで、年々作る親戚も他界し、祖母もいつも辛みを出せずだったので、祖母からも習う事ができなかった母は作り方を覚えられぬまま、そのうちわさびのしょうゆ漬けは、小泉家の食卓から姿を消した訳ですが。

 

情報社会とは便利な物で、検索すると知っている人がレシピをあげてくれています。

恐らく母がわからなかった、一部の処理の仕方が数字で記されていました。

 

「80度で10秒。」

 

数字で伝えると、誰にでも確実に伝わります。

数字に変換できるものは、きっとそれが便利。

恐らく母は、辛いわさび漬けをつくれるおじさんから

「熱めのお湯でしばらく浸けて・・・」とか曖昧な感じで習ったのだと思う。

まぁ10秒はわかるとしても、恐らくおじさんは温度計など使ってなかっただろうから、

熱め、、な感じの曖昧な言葉で教えたはず。

 

温度計が無い場合を考えてみたら、以前、60度だったか70度の湯の熱さを

「指を入れて、1秒であちっとなったら60度」と言った人がいたのを思い出しました。

素晴らしい。

その感覚を習得するのに試行錯誤を重ねたに違いない一コマを垣間みた時、光のような感動を得ます。

まぁ、あちっとなる感覚には個体差があると思うので、数字ほど確実ではないにせよ、

温度計の無い時でもお湯の大体の温度がわかるんだもの。

 

すべての感覚がそのまま数字になれば良いのだけれど、数字にならない物もあります。

そこをどう言葉で伝えるか。

最近、面白いなと思っている分野です。

それを表現する日本語の語彙が少ない!と思っていたのだけれど、そうじゃない。

言葉を使う私が未熟だったのです。

 

長くなりましたが、葉わさびのしょうゆ漬け、

初回で辛みが出たのを良い事に、母に自慢の電話をし(軽くいやがらせ含)、

さらに作ろうとスーパーに行ったら、今日はありませんでした。

この前あったのは、はたまたまだったのかもしれません。

もしくは母の呪い・・・。

 

今日も良い1日を!

 

 

こじままい

たらの芽・パクチー

  • 2017.04.02 Sunday
  • 12:15

あたたかくなってきたので、少し外に出ようという気が出てきました。

雪山は好きなのに、町の寒さは苦手です。

お陰でこの冬はひきこもりつつ、週末ごとに材料を少しずつ買って、ついにリビングにたくさんの本を収納出来る棚ができました。

すっきり。

先週は長男の巣を大掃除。

冬ごもりも終わりです。

 

数年前に初めて採りに行ったたらの芽があまりにおいしくて、この時期になると探します。

以前の山がダムの底に沈んでしまうことになり、入れなくなったので2年ほど収穫に行っていなかったのですが、

夫が見つけた山にたくさんのたらの芽。

鬼の金棒みたいな木の一番上にちょこんとあるのを、長男が山に登り採集。

夫は監督。

結構な急斜面で、そこで果敢にたらの芽を採る長男を見て「狩りができるようになったな」とふと思いました笑

1日水につけてアク抜き。

 

そして通りがかりの道の駅で夫が見つけたパクチー。

近所のスーパーのものより力強い感じで(スーパーでフレッシュパクチーがある事自体感謝しなきゃなんだけど)、

たくさん買ってみました。

パクチーペーストにして保存しておこう!

しばらくパクチーで苦労する事はなさそうです。

台所がそれはそれは良い香りで幸せいっぱいなのは私だけ。

嫌いな人も多いのは事実ですが、最近好きな人をよく聞くのでうれしい。

また食べ物の話で終わってしまいましたが、食べ物は人を幸せにするなぁとつくづく思います。

 

おいしいものをしっかり食べて、私は浄運寺の花まつりに出品する麻ひもバッグの制作を急ごうと思います笑(まだまだ予定数ができてない!!)

10個ほどできればいいな。

出品物に関しては、また作家さん達からお写真頂いたらこちらで紹介しようと思います。

 

 

 

言葉にするということ

  • 2016.10.01 Saturday
  • 01:13

自分にお気に入りのコーヒー屋さんができるとは思っていませんでした。

夏前に、大好きな人が「飲ませたいコーヒーがある!」と連れて行ってくれたお店。

最初に飲んだ時に、「こんなに美味しいコーヒーがあるんだ!」と目がさめた感じを今でも思い出せるほど。

それから、仕事の帰りだったり、疲れたときだったりに寄るようになりました。

コーヒーが美味しいのはもちろん、そこのマスターの作り出す空間がまた良いのです。

 

このところ、9月はブログが更新できなかったとおり、言葉、文字にすることから遠ざかっていました。

自分の感覚だったり、感情だったり、出来事を文字にする事が出来ませんでした。

昔から本が好きでよく読んでいたし、書く事もとても好き。

言葉は私のいつも近くにあったのに。

なんだかよくわからない重たい時間でした。

それが何となく抜けたのは今日。

今日、プライベートのクラスをさせていただいたお客さんとのシェアリングで、

彼女が自分の感覚や感情をスムーズに言葉化している側にいさせてもらって、

なぜか私はとてもすっきりとした感じがしているのです。

漠然とした何だかよくわからない感覚や感情を言葉化する、自分を表現する手段のひとつであり浄化のようにも思います。

 

もやもやの原因をつきとめるというより、思うままに書いてみる。

今日の記事はまとまったものではありませんが、書きたいと思った気持ちをそのままに。

 

コーヒーのことはまた後日。

菜の花

  • 2016.03.16 Wednesday
  • 20:21
もしかすると以前書いたかもしれませんが。
昨年秋から、無農薬野菜を毎週配達してもらっています。
内容はお任せなので、自分では選びにくい野菜も入ってきます。
例えば最近は菜の花。

旬の食べ物は、その時期毎回入ります。
スーパーにはハウス栽培などで年中野菜はどの種類もあるので、子供達も旬の食べ物という感覚は薄いはずなので、
この時期にできる食べ物はこれ!と毎回お野菜の内容で旬を知る事が出来ます。
この時期は大根、カブなどで。大根なんて食べなければたまるので、大根はお休みにしますと言おうかと思った事があったのですが、
きっと旬の時期というのは、その野菜の持つ栄養素が体にたくさん必要なのだろうという考えに変わりました。
そこで、いろんなレシピを調べて挑戦しています。
いい歳して、何だか新婚のようで新鮮な感じ。
作り慣れた物、もしくは間違いなく家族みんなが食べるであろう物を作りがちになってきてますが、
新しい食材、新しい味をみんなであれこれ言いながら頂く時間も新鮮です。
こうやって家族で味わうものを増やしていけるといいなと思いました。

ところで、菜の花。
おひたしが美味しいようなのですが、豆腐で作ったマヨネーズと胡麻であえてみました。
そして試しに天ぷらにも。
恐る恐る食べた所、昔食べたような苦みが全くないのです。
なので子供達も食べる食べる。

他の野菜にも言える事ですが、出来るだけ自然に近い状態で育てられた物は苦みだったり、独特のクセが少ないなと思います。
そして一番美味しいのはそのまま生で食べる事で、人参なんかも甘い。
大根も甘いのです。
野菜嫌いの次男が野菜スティックを食べる事が出来るようになりました。

そんなこんなでこのお任せ野菜、とっても楽しいです。
子供が小さいうちは配達もとてもありがたい。

菜の花、お漬け物以外でも意外と万能選手になりそうです。
子供の時、春になると家族で菜の花を取りに行っていた理由を今頃理解出来ました。
 

からだをつくっているもの

  • 2016.02.17 Wednesday
  • 12:14
昨年、娘が生まれてから、さらに食材の選び方を気をつけるようになりました。
日頃から自己評価ではかなり気をつけていたはずだけれど、
彼女の入院をきっかけに振り返ってみると、嗜好品に関しては甘かったなぁと思います。

そんなこんなで、もう一度始めた玄米。
水に漬けた後、ピカピカきれいです。
そしてベージュと緑のコントラスト。
自然に存在する色の組み合わせって、完璧。


お米を炊く時、余裕があれば12歳のストウブが登場します。
そして、白米の時と違うのは次のお米を浸水させる作業が増えました。
する前に大変そうに思っていたのですが、やってみると食べる準備、
待つという事はそんなに苦でもなく。
そして、クリパルヨガの指導者トレーニングで、私たちは合宿が数泊であったのですが、
その時のベジ料理を作ってくださってた方の言葉が玄米の浸水の度に思い出されるのです。
その時の玄米がもちもちでとっても美味しくて、私がやってもこうはならないことから玄米の炊き方を質問した所、

「これはね、あなた達がくる前から水にずっと漬けていたのよ」

まだ目の前にいない誰かを思って食事を準備する。
その愛は、食事を通して伝わるのでしょう。
最近反抗期の長男にも、口であれこれ言わずともいいのかもしれません。

そんなこんなで我が家はアナログ化の一途をたどっているわけですが。
私においてはスマホも解約したし、、、、
必要最小限の機能で我が家は足りる!と油断していた時に、少し考えねばということも起きました。

家の電話の子機の電池が寿命だったため、電話機を買い替えようとこれまた「かけれればいい」という思い切りシンプルな考えから、「コードレスでないといけない必要は無い」という極端な考えにたどり着き(このときは極端だとは思っていなかった)、電話機を選んだ訳ですが。

届いて、わーいと携帯からかけてみた時に気付いた事。
そう、液晶がないんです。
ナンバーディスプレイ、契約してるのに。

そして、今、引っ越し作業中で、ガスやら電気やらの手続きをしているワケですが、子供を抱いたまま、何かをしながら、、、ということがコードレスでないとできないんですねー。

なにもかもそぎおとせば良いというものではない、、、と言うより、まずはしっかり契約プランの確認と、自分のライフスタイルの確認が必要でした。

 

シュトーレン

  • 2015.12.14 Monday
  • 11:02
クリスマスが近づきました。
例年この時期は何かと追われているというか、したいなーと思っていてもできないことが多いように思う時期ですが、今年はやっとシュトーレンを買いました。
「待つ」ということを楽しむお菓子。



次男が幼稚園のクリスマスまでの行事を帰ってきて話したり、賛美歌を歌ったりすることで、無宗教の小島家もクリスマスの雰囲気が色濃くなっています。

シュトーレンは16区と悩んだ結果、予算の関係でヤマGENのものに。
いい感じにスパイスも効いてます。
恐らく子供達はあまり食べないだろう(人数が多いので減ると私が多く食べれる!)と目論んでいましたが、残念ながら子供達にも大好評で、逆に私は指の先ほどしか食べれなかったという。
まぁそれもいいです。

部屋の電気を消して、キャンドルの灯りでテーブルを囲んで。
視覚に頼ることが少し減るだけで感覚ってすごく活きてくる。
これってヨガの時も同じで、薄暗く視覚があまり効かない中では体の声がよく聞こえるのと同じ。



クリスマスを待つお菓子、子供達は「これがなくなったらサンタさんが来るの?」と聞いてきました。
サンタさんを待つ、幸せな時間です。
アドベントカレンダーもあると良さそう。
これは作るかな。

最近夫婦で始めたもうひとつの「待つ」試み。

子供達が喧嘩を始めた時、うるさくてつい間に入って怒りやすい誰かを怒り、我慢を強要することで鎮めていたのだけれど、やめてみました。

単に怒るのに疲れただけなんですが、これがとってもよかった。

喧嘩しながら解決策を模索してるらしいの子供逹の会話を大人が横で聞いてると「それは不平等じゃ?」とか「嫌な取引だわ(;´Д`)」というような取引とかをゴソゴソし出して、その後意外とすんなりまとまって仲良く遊び出したりするものでした。

告げ口して、親を味方にしたものが勝ちみたいなのは近道だからみんなそうするのだけれど、それを大人が誰の見方もせずスルーしたら、喧嘩は減った気がするのです。
我が家の場合ですが。

さてそんな「待つ」試み。
クラスにも取り入れてます。
土曜日の春日神社クラスにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
次回は1月、またお会いできますように。
(※わかばっこは12/15、千歳町クラスは12/24がヨガ納めです)

ラーメン大よし(太宰府市)

  • 2015.02.12 Thursday
  • 22:55
知る人ぞ知る、ラーメン大よし。


高校の剣道部時代、合宿の時にお世話になったのが最初で、卒業して早20年。
免許をとった先輩に連れて行ってもらったり、卒業後は友人と行ったり。
今では子供たちも大よしのラーメンの大ファンです。

どんなラーメンなのか紹介しようと思っていたのに、先に食べてしまい写真はありません(*'.'*)
にんにくスライスがダイナミックに入っていて、とにかくおいしい!
(にんにくが仕事上都合の悪い方はなしにできます)
県外から来た友人は必ず連れて行きます。

このところ、チビを連れての外食は苦痛を極めるのでほとんど行っていなかったので、この2、3年ほどの間に大よしのおじさんやおばさんが体調を崩されたことも知らずにいました。
大よしがそこにあるのが当然で、行けばいつもおいしいラーメンが食べれる。おじさんやおばさんはいつも元気だ、ということが当たり前ではないんだと今さらながら気付きました。

「もう70だからね〜^_^」

20年前と同じで、いつもニコニコわらっているおばさん。
大よしのラーメンが食べたいと思った時には、これからはチビを抱えてでも行こう。
出るまではあれこれ考えてしまい、結局頭でっかちになって動けなくなってしまう子連れの外出。
行けば行ったで大変かもしれないけど、ラーメンを食べ終わった時にはこの日のような「来てよかった」がきっとあるような気がする。

日曜日のお昼、家事から解放された幸せなひとときでした。

ごちそうさまでした!

かき氷と言えば

  • 2014.07.02 Wednesday
  • 22:10
夏といえばかき氷かなと個人的には思っていて、子供達とも夏になって中村家の店先に「氷」の垂幕が下がるとすぐさま駆けつける。
すでに週1ペースで行っている。

中村家のカキ氷ってすごいんです。
山盛り。

そして、氷は雪みたいにふんわり。
祭りのカキ氷では満足しなくなるかも。

6歳下の私の弟も小学生の頃から通っているという地元では超有名な店。
今でも子供がおこづかいで無理なく買える値段を維持してくれているので(150円、ミルクかけ別料金)、暑い夏中、子供達が店先でたむろしてカキ氷を食べる姿が見れます。
ほのぼのしててとっても好きな光景。
駄菓子屋だとかもどんどんなくなっているけれど、どうにか近所では数件がんばってくれているんだよなー。
ありがたい。

氷には変わったメニューもあって、長男がチャレンジ中。

氷ぜんざい。

甘さがすごくちょうどいい。
美味しかったです。

その他写真はありませんが、「ミルクセーキ」という氷があり、これがまた美味しい!
初めて注文した時、ちょっとドキドキしてたのだけれど、傍らでカキ氷を食べていた小学生の女の子達が、
「ミルクセーキ、ばり美味しいとって!(ミルクセーキはとても美味しいんだよ)」と言っていたのについ割り込んで、「ホント??」と聞いてしまった私です。

あぁ、食べ物の話になるとどんどん言葉が出てくる。

「中村家」は、福岡県春日市の紅葉ヶ丘交差点にあります(^_^)
たこ焼きも回転焼きもおいしいです。

みなさん、よい夏を!

オーガニックスーパー

  • 2014.05.22 Thursday
  • 21:36
家の近くに、産直クラブ(宅配食材)の実店舗ができていて、やっと行ってきました。

産直クラブはすごくこだわって食材を扱っていると聞いたので気になっていたけれど、
なかなか宅配の手続きまで至らずにいて。
やはり実際手に取れるお店というのはとても便利です。

ちょっとのぞくつもりが、醤油やダシなど調味料、パンも買いました。
今日はお好み焼きの予定だったので、お好み焼きソースも。

お好み焼きソースもちゃんとしたものがあることに驚きです。

すべての食材をオーガニックや安心なもので出来ればいいのだろうけど、
予算の関係もあるので、まぁ調味料が安心なものでそろえられるとひとまずいいかな。

ちなみにお好みソースを食べた長男の一言。
「前にあったのと味変わらないね。」
そう、多くの食品がコストを下げるために化学調味料で本物の味に似た味を作っているわけなのだけれど、
「似せて作る」という技術がすごいなぁと思う。
逆にそっちの方が大変な気がします。
そして人間もその味でだまされてしまうのもすごい。

さて、店内では見たい物はたくさんあったのに下二人は走り回り、それを制止するのに苦労しました。
でも、他のお店よりも食品の表示成分をチェックする時間がいらないので、
必要な物をささっと選べる信頼出来るお店の存在というのはありがたい。
そして、息子達もお店の人に試食の大学芋をいただいたり、優しい対応をしてもらいました。(スミマセン・・)

福岡市内までいかなくても近くに、というのが嬉しい。
メープルシロップもきらしているので、また近々行きたいと思います。

チョコレート!

  • 2014.02.14 Friday
  • 15:17
近所の梅の木の公園に、
赤や白の梅が咲いていました。
つい、歩く足をとめてしまう美しさ。

本日はバレンタインです。

最近ブログで手作りネタが多かったので、
友人やブログを見てくださっている方から「チョコレートも作るの〜?」と聞かれました。
去年もですが、チョコレートは買ってばかりいる気がします。
というより、チョコレートは作ったことが2回しかないです。
どちらも小学生の時。

そこで、作る気も起きない事に気付いて、なぜなのか検証していると、
思い出した事がありました。

私は製菓少女だったので、自分で食べる為にパウンドケーキからはじまり、
シュークリーム、あらゆるお菓子にチャレンジしていました。
そしてそこで気付いた事。
私は特に器用なわけでもなく、センスがあったわけでもなく、
お菓子を作る事に生き甲斐を感じていたわけでもない。
ただの食いしん坊であったということ。

パウンドケーキやクッキーは失敗も手順も少なく、すぐ食べれるのだけれど、
シュークリームだったり、チョコレートというのは、ちょっと私には時間も手順も面倒だったのです。
そして、チョコレートはテンパリングにも失敗し、色が味がイマイチだったり、
今で言う生チョコを作ったときも、分量を間違えたのか固まらず、冷凍庫へ・・・。

結果、チョコレートは板チョコのまま食べたがおいしいという教訓が私の奥底にあったようでした。
トラウマですね。

さて、バレンタインとなれば我が家は三兄弟。
昔からの私の夢は、息子がもらってきたチョコレートのお返しを私が買いに行く事!
特にこの所、「女の子の物を目にする」ということが我が家では決定的になくなってきたので、
「女の子のものが売っている所に行く」という欲求が非常に高まりつつあるのです。
行くだけなら行けるんだけども、目的を持って行きたい!

楽しみにしていますが、まだその機会に恵まれず、悶々としているのであります。

で、今年はいつもチョコをもらえない息子達のために(下二人は仕方ないんだけどね)、
美味しいチョコレートを買いました。

そして、一日早く開封した彼らに1つずつもらったチョコを食べつつ、
「また来年も買おう」と思う私なのでした。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM