蜜蝋クレヨンと蜜蝋ねんど

  • 2015.01.11 Sunday
  • 20:25
クレヨンというと、汚れるので家で使わせたくないものだった。
私が小さい時に母が嫌がっていたように、私も長男が家でクレヨンでお絵描きをするのにちょっとためらっていた。

ある時、気に入ったクレヨンを見つけて、それがもう7年目。
あんまり減らない。

子供の筆圧では普通のクレヨンほどはっきり色がつかないのだけれど、色と色が重なった時にその美しさがわかる。

色鉛筆のようで、色鉛筆よりやわらかいかんじ。

このクレヨンで書くと、ぐちゃぐちゃの絵でも飾っておきたい、毎回そう思える。
末っ子画伯の絵↓


蜜蝋のクレヨンは使っていたけれど、よく行くおもちゃ屋さんが取り扱っていないこともあり、蜜蝋ねんどは知っていても使う機会がなかった。

しかし昨日、とあるお店で(後日詳細は記事にします)
「蜜蝋ねんどで食べ物を作れますよ?」ということを教えてもらう。
その場でレタスや目玉焼きを作って見せてもらい、当然ながらすぐ飛びついて帰ってきた。

そして今日、早速長男とチャレンジしてみる。

長男料理長作、オムライスとパン


私が作った、スパゲッティ


やっぱり細かい作業が好き。

ドールハウスのクリスマス

  • 2014.12.25 Thursday
  • 12:32
細かい事がやはり好きです。
マラビーズも、こういった裁縫も。

次男の入園準備で名札だったり、小さな袋だったりを作る合間に
ドールハウスの布団も作ってみました。
長男の布団は青の糸で。
次男は赤、末っ子はピンク。
布団のこの白い生地は、長男がお腹にいるときの戌の日のサラシ。
置いておいても使わない物をこうして再利用する事が出来るのも
ドールハウス遊びのすてきな所です。
いつかシーツを作らねば。

一番端に寝ているのは夫の母が作った人形。
夫の母もお裁縫が好きなので、人形の家のカーペットなどをお願いしてみたり。
趣味で繋がりが深まることは嬉しいです。

今年のクリスマスは私がサンタさんにドールハウス関連をお願いしていて、
そんな話をしていると、意外な事に息子たちも食いついてきて非常に今後が楽しみ。
つみきやさんによると、男の子もドールハウス遊びはとても好きだとの事。
安心して深めて行けそうです。


サンタさんが、ドールハウスの人形、パパとママ。
お兄ちゃんと弟達を連れてきてくれ、
次男はさっそくママと寝ているらしい。


台所家具も既製品があるのだけれど、高価なので長男が先日買い足したのは・・便器。
これは積み木で作れないので重要らしい。
松ぼっくりのクリスマスツリーもかわいいし、素敵な積み木のキッチンなのだけれど、
キッチンにトイレがあるのはどうかと思います。

積み木のテーブルでお茶会後、小さなカップなどは長男が早々に片付け、
パパと末っ子だけが寂しくテーブルに残るという。

まだ家がない家族なので、棚がお家。
さっそく子供達がマイホーム貯金を始めました。
いろんな家を調べて、画像をノートに貼ったカタログも出来て。
実際にマイホームを建てる方々が、こんなに楽しく家を選んでいるかと思うと
とってもうらやましい〜。
当初、お年玉で1月中に!と建設を急いでいたドールハウスでしたが、
あまりに家選びが楽しいのでゆっくりかけたいと思うようになりました。

子供達のドールハウスはいつもお世話になっている福岡のおもちゃ屋さんのつみきやさん
こちらで三人で遊べる家を選んでもらっています。
来年の春か、秋。
そのくらいに家がやってきそうです。

つみきやさんに行くとついついいろいろと買いそうになって抱え込むのですが、
店主の原田さんは子供の遊ぶ力を邪魔しないような選び方(たくさん揃えればいいというものではないということ)を教えてくれます。

お風呂は作れると想像がつくのだけれど、
台所くらいは買わなきゃ!と思っていたら、積み木でつくった長男の台所。
これは買わなかったから見れたもの。
子供の柔軟な頭は素晴らしい。

来年も子供を見守る事、これが出来るよういつもひと呼吸おいて・・。

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM