4歳になりました

  • 2019.10.03 Thursday
  • 16:55


娘が4歳になりました。
石田ゆり子さんがお誕生日と聞いて、「そうだ!うちの子も誕生日だ!」と思い出す始末。
子沢山とは言え、ごめん、娘。

今日も午前は所々青空で、四年前もそんな青。
晴という字を使うことを決めていたので、ぴったりの日を選んで生まれてきたなと思って病室から空を見ていたのを思い出します。

当の本人はまだよくわかっていないので、お誕生パーティは週末に。
写真は、次男と喧嘩する強い女風。


春日ヨガ教室
シンギングボウルヒーリングスペース晴音
小島麻衣

生活発表会

  • 2019.02.03 Sunday
  • 13:41


土曜日は娘の保育園の生活発表会でした。
さくらんぼリズム体操を見て、 制作した鬼のパンツとお面をつけて歌ってくれた「おにのパンツ」。
毎日こういうことをして過ごしてるんだなぁと報告してもらったような会でした。

頑張らずとも、生きてるだけで素晴らしいんだと思う。
つい忘れがちだけど、いつも思い出したい。

豚汁を食べて、マシュマロサンドを作って、一緒に行った三男も、みんなが楽しい時間。
最後は園庭で豆まきでした。
家で豆まきせずによいな、と思ったんですけど、しないとダメかな。


春日ヨガ教室
シンギングボウルヒーリングスペース晴音
小島麻衣

娘とピアノ

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 11:56


発表会の日程も決まり、出場も決まった娘さん。
ピアノの前に座ることすらひたすら拒否して、夫と私の夢を打ち砕きそうになっていましたが、少しずつピアノに触れる事が可能になってきました。
気まぐれな練習にすら感動。


春日ヨガ教室
シンギングボウルヒーリングスペース晴音
小島麻衣

2人時間

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 14:58


大きな病院に久しぶりに来ました。
待ち時間が長くなってきたので、近くを散歩して、それこそいつも通り過ぎるだけで行ったことがないケンジーズドーナツに行ってみたり。
娘が保育園に行きだしてから、久しぶりの平日2人時間。

病院で、「ママ、置いて帰らないで」と何度も言うので不思議に思っていたけれど、もしかしたら赤ちゃんの時の記憶、とか。
生まれてすぐ彼女はNICUだったので。 言葉が出始めの時に、どうしてお母さんのところにきたのか?が聞けるよ、と聞いたのでやってみたら、ちょっと感動しました。

最近は、写真撮って〜と言うようになりました。
一緒に写ったら、光の具合が虹。
女の子との時間は穏やか。


春日ヨガ教室
シンギングボウルヒーリングスペース晴音
小島麻衣

山羊が来る!!!

  • 2018.06.01 Friday
  • 21:19


娘の保育園についにヤギがやってきます!

祖父の家には、私が小さい時にはヤギがいて、 牛乳よりも山羊の乳を良く飲んでいました。
夏休みには1人で長期預けられていたので、随分良く遊んでもらった動物です。
祖母が毎朝乳を絞って、喉が渇いたらキンキンに冷えたものを飲む。
お腹の弱い子だったので、冷えたものを母には飲ませてもらえなかったので、夏休みの熊本は天国でした。

メリーちゃんの子供がユキちゃんで、
ユキちゃんの子供がメリーちゃんという繰り返しで子ヤギに名前が付けられていて、 今思うと叔父と叔母はなかなかセンスが良い。

この保育園にひかれた主な理由はこの山羊飼育。
山羊がいるなら間違いない的な、
本能的なものなので言葉で説明が難しい。

でも敢えて言葉にするなら、私は山羊のいる空間に、しあわせな記憶があるからだと思います。

本日も娘は泥に首まで浸かっていたとの報告を受けました。
ちょっとした全身ドロパックを飽きもせず毎日行ってるようですが、彼女なりの美容法かもしれない。
さて、明日は小学校の運動会ですが、泥染め状態の服の手洗いを頑張ります。



春日ヨガ教室
シンギングボウルヒーリングスペース晴音
小島麻衣

娘、4月から

  • 2018.03.24 Saturday
  • 23:18
4月から娘が入所する保育園の入所説明会に行ってきました。



二階にネットが床になった遊び場があったり、楽しそうだし、窓も大きくて開放的!





ちなみにこのネット、1人あたりの体重制限は480kgだそう。何人でも乗れるって事か、、


これから少しずつ外の世界が増え、体は離れることが増えて行くのでしょう。
思えば2010年からずっと誰かチビが家にいて、自分のペースでできることは随分制限されていました。
自分のペースで仕事をする時間が戻ってきているのが嬉しく感じつつも、ずっと誰かと一緒だったので1人になる不安もあります。
この不思議な感覚が入り混じった感じ。新しい季節にぴったり笑。
味わって過ごしたいと思います。


春日ヨガ教室
シンギングボウルヒーリングスペース晴音

小島麻衣

娘が2歳になりました

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 23:10


娘が2歳になりました。
このところ、何でもあっという間だけれど、この2年もあっという間。

上の子達と全く違う誕生の仕方で、親やまわりに心配をかけながらも、すくすく成長し、今では最強戦士と名付けるにふさわしい強い女の子になりました。

子は食い扶持を持って生まれてくるとはよく言ったもので、彼女が生活するに必要なものは皆さんからの愛で全部そろっていて、長靴などは1センチ刻みで可愛いものが並んでいる。
うらやましい。

先日、産着を洗いなおしました。


友人の娘ちゃんが着ていたものをくれたのだけれど、まだまだ着れる。
友人の娘ちゃんが将来子供を産んだなら、その時にまだ使える良い生地だったので、友人に「次は娘ちゃんの子供に。」と妄想をふくらませて返したところ、やっぱり友人も嬉しそうだった。
自分が着ていた産着を、子供に受け継ぐって素敵だと思います。
私だけかもしれないけれど、産着には他の服よりも思い入れがあるように思うのです。
生まれてすぐから毎日のように着たもの、
そして、生まれてくる命を心待ちに、唯一そろえれるものだから(地域によると思うけれど、生まれるまではいろいろそろえるものじゃないと昔から言うよ?、と親から言われていたので)。


そして自分もそうやって、心待ちにされていた命だったと気づきます。
日頃、母は私に手荒なので、そんなことはよく考えないとわからないくらいなもだけれど。

娘よ、2歳おめでとう。
そしてまわりで成長を手助けしてくれている全ての方々に、感謝します。
ありがとうございます。

1歳になりました

  • 2016.11.16 Wednesday
  • 22:36

10月の頭に、娘が1歳になりました。

いろんなことがあった出産からの1年は、比較的穏やかで、男の子を育てるのとは全く違う世界を見せてもらいました。

母が私のファーストシューズをとっておいてくれて、それを娘に履かせたお誕生祝いの日の1枚です。

そして、私の1歳の時のわらじも登場。

母の物持ちの良さに驚きます。断捨離ができない人でもあるのだけれど。

私もね。

 

昔、母と喧嘩をした時に「あんたは娘がおらんけん、私の気持ちはわからん!」と言われた事がありました。

娘がいなくても母の気持ちがわかる人はたくさんいると思う。

けれど、私はわからなかったんだな〜と、この娘がいる1年で思わせられることが多々あり。

自覚はずっと前からしているけれど、いい歳してまだ未熟です。

 

家に私以外に女性がいるということで、男性陣が全然違う風景を見せてくれます。

ヤキモチなどは全然やかないけれど、ガツガツした感じが和むというか。

 

と、小島家近況でした。

付き添い入院〜食事編〜

  • 2016.05.13 Friday
  • 21:49
昨日の記事の続きです。
福大病院の付き添いの食事は、コンビニ、地下のスタバ以外で以下の手段があります。

.灰鵐咼砲両紊砲△訖堂のtake outメニュー
 →定食(ハンバーグ定食、しょうが焼き定食、チキン南蛮定食)、みそ汁・サラダ付き
  麺類(うどん、そば、ちゃんぽん等)

外部のお弁当屋さんの販売
 月〜金の11:30〜12:30
 救急救命センターを超えて左折した所の奥にある建物の入り口で販売していました
 370円〜

ーーーーーーお時間のある方は、以下私の食事探求記をどうぞーーーーーーーーーー

今回の付き添い入院で、一番困ったのは私の食事でした。
娘はまだ離乳食でなかったので、何も病院からは出ず。
食べ残しを食べる訳にもいきません。

入院する前の計画が甘かったのが悪かったなと思います。
娘は検査入院だし外出可能だと勝手に思い、
娘を連れて食堂に食べに行くつもりでいたのですが、
実際に入院してみると、感染症予防の観点から娘の外出は控えるようにとのことで。
コンビニで買い物程度の外出は許可が出ても、不特定多数の中に滞在することになる食堂はダメでした。

急な入院はさておき、計画入院の場合は入院前に自分の食事の事はきちんと質問して「〜だろう」ではなく、確実に食べれるもの知っておく事、これは大事だと思いました。

そんなこんなで、初日のお昼はお弁当を持参していたけれど、夕ご飯からは院内のコンビニで調達することに。
しかしコンビニのお弁当のメニューが何となく食べたい物がなく(我慢して食べれればそれがいいのだろうけど)、うろうろしておにぎりとサラダで済ませたのですが、やっぱり定食が食べたい!!
地下にスタバも入っているから、朝など軽食にはいいのだけれど、昼と夜はしっかりと食べたい私にはどうしても物足りないのです。

買い物はOKだから、食堂のご飯がtake out出来ればいいのに、、と思って、
聞くだけ聞こうと食堂に聞きに行ったら、なんとtake outメニューがあるではないですか!!

容器代が54円別にかかりますが、定食は、通常メニューのハンバーグ定食、しょうが焼き定食、チキン南蛮定食が持ち帰れます。
その他麺類もたくさん。
写真はしょうが焼き定食です。
(室内の照明が暗く、写りがわるくてスミマセン)
しょうが焼きは我が家の細切れ豚肉のようではなく、大きなロースです。
サラダには別容器でドレッシングがついていました。

あたたかいお味噌汁がおいしくて、2回連続でしょうが焼き定食を食べた所で、
また何となく別の物が食べたくなり。

そんな時に病棟の掲示板にそっと貼ってあった紙。
付き添いの方へのお弁当販売、とのこと。
外部のお弁当屋さんが販売に来ているようです。
ドキドキしながら、そして今回は娘を置いてきたので全力で走りつつ、販売場所に。
12:00過ぎていたので、残ってるかな・・と思いましたが、この日はありました。

エビかつ弁当だそうです。
野菜炒めも、マカロニサラダもついてます。
450円。

他にも幕の内っぽいのもあったかなぁ。何種類かありました。
ミニサイズもあり、それは300円〜で価格もお手頃。
きっと毎日メニューも変わるだろうので、飽きずに良いかもしれません。

私が探求した食の手段はこんな感じです。
二泊三日だったのですが、乗り切れてよかった。
付き添い時は、「自分のはいいや」と思いがちですが、環境も変わるし意外と手抜きでは乗り切れない気もしました。
特に食べるのが好きな私のような人にとって。

退院しました

  • 2016.05.12 Thursday
  • 21:22
二泊三日での検査入院を終え、娘と共に家に帰ってきました。
生まれてすぐにNICUに入り、症状がアレルギーの疑いで退院後も経過を外来で診てもらっていた娘ですが、
離乳食が始まる6ヶ月頃になったら、負荷検査の予定がNICUを退院したときから決まっていました。
入院前の血液検査では、食物系のアレルギー反応はすべてクリアだったので食物でのアレルギーではなかったということでそのまま予定通り入院しての検査に。

毎日すこしずつミルクを飲ませて反応を見るというもので、三日間とも何事も無く検査終了しました。
今後は外来で診ていただいて、問題が無ければミルクも大丈夫ということで。
これまで通常のミルクは飲めないため、母乳かアレルギー用のミルクをと指示を受けていたので、
母乳で育ててきました。
よって私の乳製品の摂取も控えるようにとの事だったので、気を使いました。
いちいち食品の裏の表示を見るのはいつも見てることなんですが、、、、なんかとても神経を使った気がします。

解禁ではないけれど、少し採る分には良さそうなので、今日は毎週配達してもらっている「木次乳業」さんの牛乳を飲んでみて、その美味しさを味わって幸せな気分に。
まぁ以前のように多く採る事は健康上宜しくないので、今後もこのまま控えめにいきたいと思います。

小児科の場合、付き添い入院が原則なのですが、長男、次男と入院した事があるため付き添って入院した事があります。
長男のときはまだ一人目で、父も健在だったため実家のサポートが万全での私の付き添い入院だったため、ほぼ不自由がなく、
次男の時も三男の妊娠中とはいえ、次男はもう歩けたし、入院した大学病院も近かったのでまわりのサポートも十分得られ、そんなに困ったことがなかったのですが。

今回は娘はまだ歩けない事と、入院先が七隈の福岡大学病院だったため遠方でまわりのサポートが得られずに苦労した面がありました。
一番は食事、、そして持ち物。
この件に関しては、付き添いのお母さん達はみなさんそう思われるみたいで。
付き添い入院したからわかることをシェアしたいと思ったので、食事など写真に残してきました。
今回入院時便利だった物や、あると良い物と共に食事に関しての情報などを後ほど書きたいと思います。

穏やかな二泊三日、生まれて初めて娘と二人きりの時間を過ごしました。
(↓院内は温度設定高めだったので、娘の服は夏用でちょうど良かった。この件も後日また。)

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM