本物とつくり物

  • 2017.07.09 Sunday
  • 17:43

5月にシンギングボウルで呼んでもらった場所は、飯塚のむう庵というタイ式マッサージのサロン。

クリパルヨガ教師仲間でもある、野見山佳奈さんのホーム。

いつもの会場では、本物の炎は使えないのだけれど、

ここでは使えるとのことで、キャンドルが本物の火で。

 

人をひきつける力は本物にはかなわないのだけれど、

それができないときは、火のように見えるものの力がありがたい。

 

とても素敵な空間、むう庵。

ボウルの音も、響きも違う。

 

 

春先に行った、シンギングボウルとキャンドルヨガの時間、今頃のご報告でした。

 

小島麻衣

 

プライベートクラスやクラスでのシンギングボウル

  • 2017.06.22 Thursday
  • 08:06

3月頃からプライベートクラスでは、シャヴァアーサナの前にお腹か背面をシンギングボウルのヒーリングをさせてもらっています。

プラベートクラスは、ヨガのクラスとして申し込んでいただくので、みなさんシンギングボウルにはあまり興味のある方はいないかなぁと思っていたのですが、思いのほか楽しみにしてくださる方ばかりで嬉しいです。

先日のプライベートクラスは、ピアニストのお母様と娘さん、その息子くんでした。(ご本人の承諾を得て、ご紹介しています)

お母様はピアノをされてあるだけあって、音の振動にとてもお詳しく、シンギングボウルの音の振動(波動)をより繊細に感じられたと話して下さいました。

彼女は、体調が優れないなと思うとき、ピアノの音で体を整えることをしているそうで

それはそう思ってするのではなく、その体の状態が整うであろう音をピアノを演奏しながら探り、

その音階で曲を奏でるとの事。

シンギングボウルも一般的には、チャクラに対応した音階というものが言われていますが、

私のシンギングボウルの師も、体が感じるものを選ぶように教えられ、私もそう感じます。

音楽、音と生活されている方の、感覚の繊細さに感動した日でした。

 

そして、満月のリンガムボウルをクラスで使用するようになって、

クラスの参加者の方が数名、シンギングボウルの振動を感じた方がいらっしゃって

そのシェアを聞き、嬉しくなりました。

「ボウルの音、振動が体の左側にとても強く入って来て驚いた」という方や、

「膝のあたりに感じた」という方。

 

シャヴァアーサナで数個のボウルを奏でた時に、「眠って覚えていない」という声もありましたが、

これも十分です。

ボウルの音は、瞬時に脳波をアルファー波に導くとされていますから、より深くシャヴァアーサナの効果を得られるように思います。

 

ブログやSNSで、参加者の声を紹介するのが苦手で、今までしてこなかったのですが、

なぜか書きたくなった不思議。

きっとシンギングボウルをまわりの方々が興味を持ってくれた事、

私と同じように心地よく感じてくれた事が嬉しい、そんな気持ちからでしょうか。

書きたくなりました。

そして、今週末の春日神社クラスが、更に楽しみに思っています。

 

レギュラークラスで7つのボウルを演奏する事はなかなかできませんが、

春日神社クラスでは演奏します。

クラス中は、ボウルの音のみでヨガをします。

 

春日神社クラスの残席は2名です。

ボウルの音の中で、体を、心を休めに起こしください。

 

 

小島麻衣

春日ヨガ教室

シンギングボウルヒーリングサロン晴音 hanon

 

 

 

 

満月のボウル

  • 2017.06.09 Friday
  • 07:50

今日は満月です。

春頃から、月の満ち欠けに関係する勉強会に参加していて、月を少し意識するようになりました。

ヨガに来て下さる方に助産師さんが数人いらして、

「やはり満月の時は赤ちゃんたくさん生まれますか?」と聞いた所、そうだとおっしゃる方が多かったです。

そして、潮の満ち引きとか。

地球にリズムに人間も動物も体を合わせて生きているのがよくわかります。

 

最近、ヨガのクラスにシンギングボウルをひとつ持って行っています。

トリートメントやヒーリングに使っているボウルとは違う、リンガムボウル。

シヴァ神のシンボルをかたどったボウルで、

そして満月に作られたフルムーンボウルで、満月に作られた証である刻印がされています。
とても珍しいボウルだと師がおっしゃっていました。

 

ヒーリングやトリートメントで使う波動がしっかりとあるボウルとは違って、

空間に広がるクリアな音が特徴です。

 

ヨガをする空間、

自分とつながる肉体、

隅々までその音の響きを感じてもらえるといいなとか、

音の浄化を感じてもらえたらなとか、そういう気持ちです。

しばらくこの子をヨガクラスのお供にしています。

 

全部のボウルでの演奏は、月末の春日神社クラスで行っています。

こちらはおひとりおひとりにボウルのヒーリング付きです。

ボウルのトリートメントやヒーリングセッションがどんなものかの体験は、

春日神社クラスをご利用下さい。

 

 

春日ヨガ教室

シンギングボウルヒーリングサロン hanon 晴音

 

小島麻衣

キャンドルヨガとボウルの夜

  • 2017.05.12 Friday
  • 10:44

去年から、kurikanayogaの佳奈さんが飯塚に呼んでくれて、

ヨガとボウルのコラボの時間を作っています。

 

そして、kurikanayogaのくりちゃんが福岡から参加してくれて、

素敵な感想を書いてくれました。

kurikanayoga blog

くりちゃん、ありがとう。

 

ボウルの音とヨガ、

最高の組み合わせです。

 

今月は、飯塚と広島にお伺いします。

 

5月20日(土)飯塚 キャンドルヨガとシンギングボウル kurikanayoga 野見山佳奈さん主催

 

5月21日(日)広島 シンギングボウル×ヨガ  Aruyoga 田中留亜さん主催

 

 

 

 

春日ヨガ教室

シンギングボウルサロン 晴音 hanon

 

こじままい

 

シンギングボウルのHP

  • 2017.03.12 Sunday
  • 22:56

満月の今日、シンギングボウルのトリートメントとヒーリングに関してのHPが仕上がりました。

仕事の都合でタイムリミットがあって、本当は昨日の夜に終わらせたかったのに今日ようやく。
サロンの名前は、晴音 hanonです。
シンギングボウルと出会わせてくれた娘から一文字もらって、
響きの良い音を探したところ、この名前。
ハノンといえばピアノをしていた人じゃなくても知っているであろうあの練習本。
そこも関係しています。
サロン名については後日、また長々述べるとして、
シンギングボウルのトリートメントとヒーリングは、3月30日よりお受け致します。
シンギングボウルの音を聞いてみたい、波動を体験してみたい方は、
毎月第4土曜日開催の、春日ヨガ教室の春日神社クラスにどうぞお越し下さい。
90分のヨガの後、お腹のトリートメント付きのクラスです。
3月は、25日の開催です。
こじままい
小島麻衣

シンギングボウルの最近

  • 2017.03.09 Thursday
  • 23:32

次男の卒園間近で、連日遊び納めとして降園後、園庭に長々居座る日々を送っています。

入園前の見学の時は、自然の物が多い一見地味な遊具(松の木や土管とか)に、

「え〜、◯◯幼稚園の虹色のジャングルジムがいい〜」と言っていた次男も、

そんな事を言っていたのはすっかり忘れて、大好きな幼稚園。

まずはドッジボールをし、最後は砂遊びでドロドロになって終了というフルコースを満喫しています。

自分の居場所、それが自分にしっくりくるものであること、それはとても重要に思えます。

 

先日ブログで書かせてもらったように、春日神社クラスの内容を変更するために、

さっそくプライベートのクラスでは、シンギングボウルでのお腹から胸のトリートメントに変更しました。

お客さんの体にのせて奏でる音は、家族の誰かをトリートメントする時に聞いた音ではなく、

その人だけがボウルと奏でる音でした。

ボウルの音は、いつも流しているスピーカーからの音楽とはまた違ってダイレクトに体と心に作用します。

鳴らしている私も、ボウルの音と、お客さんと一体化する感じ。

 

ヨガとシンギングボウル、この組み合わせにやっぱり最高だ〜と思ったのと同時に、

ヘッドマッサージが、随分前に私の範疇ではなくなっていたことに気付かなかったことを反省しました。

 

通常のクラスでも出来るだけボウルの演奏でシャヴァアーサナをと思っていたのですが、

時々、しか実現していません。

私は固定のスタジオやスペースを持っていないので、ヨガのクラスの持ち物とボウルの移動が一緒だとなかなかスムーズに行かないのが理由の1つです。そして準備の時間が通常クラスだと圧倒的に足りない・・・

どこかで工夫をして、開催出来るようになればいいなと思っていますが、

しばらくは、準備の時間をしっかりとれる環境で最高の状態でボウルの波動をお届けしたい、と思う気持ちを最優先にしたいと思います。

 

それが3月からの春日ヨガ教室の意図です。

 

しっくり来る場所、

落ち着く場所、

それが私たちの生きる日常でありますように。

遠くに行かなくても、特別な事をしなくても、

今いる日常で癒される工夫、物の見方ができるようになるといいなと思います。

 

<シンギングボウルの今後の予定>

4月 飯塚 キャンドルヨガとシンギングボウル(野見山かなさん主催)

5月 広島 (田中留亜さん主催)

 

 

春日ヨガ教室

こじままい

 

 

おとのわ、クリスタルボウルライブ

  • 2017.02.26 Sunday
  • 12:06

先週の日曜日、同じクリパルヨガ教師の野見山かなさんの主催の

おとのわさんのクリスタルボウルのライブに行ってきました。

 

おとのわさんとは、屋久島のクリスタルボウル奏者のな〜やさんと春日さんのユニットです。

 

クリスタルボウルの音色にただただ体ごと委ねる時間。

開催された場所も素敵なカフェ。

桂川町にあるカフェマメタ。

 

クリスタルボウルはいろいろな色があってきれいでした。

音も波動もシンギングボウルとは違う。

音は奏者のそのままを音にして出てきます。

な〜やさんのやさしい、円く広がるような音がとても心地よかった。

 

音を扱うという事をまた深く学んだ夜でした。

 

帰りはぼーっとして道に迷い。

帰り着いたのは深夜でした・・・

 

こじままい

春日ヨガ教室

http://kasugayoga.weebly.com

 

3月の教室のスケジュール→

無事終えました(飯塚)

  • 2017.01.27 Friday
  • 23:14

野見山佳奈さんのキャンドルヨガで、シンギングボウルを演奏をさせていただくことも2回目。

先週の土曜日、無事終えました。

前回来て下さっていた方が来て下さったり、新しい方が来て下さったり。

今回はキャンドルも、前回とは違って直線的というか線を意識して並べて雰囲気もがらっと変わりました。

佳奈さんのこういうセンスもすごいと思う。

私的には真ん中で演奏出来たのはとってもよかった。

 

クラスの様子の写真を撮ろうと思いつつ、相変わらずシンギングボウルを演奏する事に精一杯でそれができず。

片付け途中に最高にきれいな瞬間をぱちり。

薄い緑、そして溶けたロウが底の方でほろほろ揺れているのが阿蘇の白川水源の底のよう。

片付け後に、私の福岡でのヨガの師、平野友喜先生の教え子仲間で今回参加してくれたUさんの楽器を見せてもらいました。

タオライヤーにクリスタルボウルに・・・たくさんの音を奏でるもの達。

ヨガの先生がたくさん参加してくれていたので、みんなでその音色を聞きました。

ヨガの先生同士って同じ流派であるとか、WSでないとそんなに知り合う機会がなかったけれど、

今回こうして飯塚の先生達が来てくれて(緊張するので、終わるまでその人数を知らなくてよかった笑)、お話をして、つながっていくのがうれしかったです。

飯塚にも素敵なヨガの先生がたくさん。

 

そして次もまた佳奈さんに飯塚での機会をいただきました。

4月26日、同じ場所です。

 

シンギングボウルとこれからのこと

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 20:10

1月21日にクリパルティーチャーの野見山佳奈さんのキャンドルヨガクラスは満席になりました。

佳奈さんの飯塚での活動あってこその機会で、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてこの日は、私のヨガの師二人のうちのひとり、平野先生の教え子仲間の方も駆けつけてくれる事になって。

嬉しい反面、緊張もします。

ヨガのクラスでもそうなのだろうけど、やっぱり「完璧に提供したい」と思う自分が出てきます。

完璧であろうとすること、自分の中にないものを求めてしまう事、

そういうコントロールしようとするものが緊張とつながっているのでしょう。

いろんな思いを抱えながら、私のベストを尽くす事、呼吸をしながらその場にいたいと思います。

 

それはさておき、飯塚の日は、終わった後にシンギングボウルやその他の楽器をお互いに演奏させてもらう時間もできました。

飯塚、近いけれど行く機会が今まであまりなかったものが、いろんなところからポンポンとつながる。

タイミングというものでしょうか。

会いたいなとか、どうしてるかな、と思うと道で車が斜め後ろにいらっしゃったり(本日、お会いしたEさん!)、

偶然なのか必然なのか、そんな不思議なことも真実かどうかなんていうのは別に良くて、

ただうふふと感じる瞬間、そういうものがあると幸せだなと思います。

 

シンギングボウルのトリートメントとヒーリングのホームページを作成中です。

昨年からずっと作成してます笑

ああでもない、こうでもないとやっているのだけれど、シンギングボウルで書こうとする事が少しマニアックだったりするので、

このままこの普通になんでも書いている場所に書き続けていいものかというのが最終的な悩みです。

忘れ物の多い人間なので、あれこれ分散して管理は苦手です。

さて、どうするものか。

 

シンギングボウルの演奏はいつでもお受け出来ます。

来週からはクラスでも、シャヴァアーサナの時間は奏でていこうと思っています。

お楽しみに。

パイプオルガン

  • 2016.12.28 Wednesday
  • 14:26

先月、次男の同級生のお母さんでパイプオルガン奏者の山崎幸子さんの演奏会に家族で行ってきました。

下関だったので関門橋を渡って。

子供の時にあんなに大きく見えた橋も、今はそんなに圧倒的に大きく感じない。

変化と時の流れを感じるとともに、子供達の目にはありとあらゆる物が新鮮で圧倒的であるのだと再確認します。気付きます。

 

カトリック教会で行われたコンサート。

カトリックだからこその厳格な教会の造りが雰囲気を高め、

パイプオルガンの演奏をじっくりと聞く機会がなかなかないので、貴重でした。

 

そしてやはりここでも感じるのが、音が空間に伝える振動。

(途中、娘が騒ぎそうだったので、親子室での鑑賞になりましたが)

重厚な音が空間に広がる様にカラダが包まれました。

そしてオルガンの演奏とソプラノとバリトンの方のハーモニーがまた素晴らしかった。

人間の声がこんなに動きのあるもの、振動として伝わってくるものだとは気付きませんでした。

シンギングボウルを使いだしてから、随分いろんなことがみえてきます。

 

音楽のもつエネルギーをたくさん感じた1日。

山崎幸子さんと音楽家の方々、そして教会の方々、素敵な時間をありがとうございました。

 

そして、音楽というと今年は夏の終わりから、長男が運動部から吹奏楽部に転部しました。

春先には引っ越しもし、家の環境を整えた1年でもありました。

家族が音楽に触れる機会が増えています。

家族が共通して行う何かがあるというのは楽しいです。

そんな1年もあと数日。

また時間を見つけて振り返ったりして、、、まだ残っている仕事が少しあるので年内に終えれますように・・

頑張ってやっていこうと思います!

 

山崎幸子さん(ゆっこちゃん)のピアノ教室「サックダラン音楽教室」、同じ春日市にあります。

ゆっこちゃんは次男の幼稚園で再開した、私の幼稚園の1つ上の先輩。

いろんなところからタイミングよくつながります。

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM