「合わせる」ということ

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 11:57

天拝山を登ってみて、娘も背中のラックで大丈夫だった事に安心したのか、

登山熱が上がってきました。

先週末は憧れの山に挑戦してきましたが、その報告は後日で、先日の天拝山の続きです。

キレイに整備されているので、階段が多くありました。

家族で安全に行ける山は、結構階段があることが多いですが、意外にこれがきつく感じるのです。

初めて、「なんでだろう?」と歩きながら感じてみました。

足がとてもきついのでよく観察すると、

私が自然に足をおろす場所が、次の階段のある「そこ」・・じゃないのです。

もう少し先に降ろしたいのです。

 

幅が一定の階段に対して、自分の歩幅が合わない。

もちろん、この規格は平均的にみんながスムーズにあがれる幅なのだというのはわかっているのだけれど、

そしてそれを合わせようとする足下が一瞬戸惑い、降りる。

この一瞬の戸惑い、これは目で見たものを頭で計算して降ろすまでの時間。

足の裏ではなく、目と頭を使って歩くという作業がこんなにも大変だなんて、とその後はぁはぁ言いつつ、

気付きを胸に感慨深く歩きました。

 

日常にもこのようなこと、たくさんあります。

目でまわりを見て、確認して、動く。

社会で生きるという事は、合わせる事が必要。

だからまぁ、当然の作業なのだけれど。

もし疲れた時は、疲れたって休んで良い事なのです。きっとね。

 

先日カメラとして使っていた古いiPhone4sがついに壊れました。

仕事でも使っているので、写真はずっと使っているデジカメを使う事に。

パソコンへの接続がさぞかしめんどうだろうと憂鬱になるも、

意外に簡単で、思い悩むよりまず行動だな、と深く思ったのです。

(しかもそのデジカメ、風景モードもありました・・知らなかった)

 

山を下りたらお寺があります。武蔵寺。

大きな数珠!

ちゃんと108個あって、煩悩を打ち消してくれる。

やってみると数珠が大きいだけに、カツン、カツンと腕や体にその音や振動が入ってきます。

煩悩は打ち消されそう。

 

楽しい登山でした。

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.28 Tuesday
  • 11:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM