連日山行

  • 2018.04.01 Sunday
  • 07:28


春休み山行(次男三男長女、私)
親子ヨガクラス後、子供達と山に行ってきました。昼前からの行動だったので、前日にも行った天拝山に行く予定が、「立花山がいいなぁ」としつこい次男のリクエストで急遽、新宮町の立花山へ。
久しぶりの立花山。よく登っていた時は、まだ次男が2歳位で三男はベビーキャリアに夫が背負ってたなぁ。
立花山は300メートルほどの山で、天拝山同様日課で登ってる方も多いよう。
1時間かからず登れるし、急勾配は最初だけで残りはゆるゆる回旋して登る感じなので、娘と荷物で15kgほどの負荷がある私も休みながらだけれど無事山頂まで行けました。高くなると重さが数十倍になるというエベレスト登山を想像しながら笑
特にこれといって春休みに旅行など予定がないので、子供達が退屈したら山へ向かう、という日々です。
大楠は相変わらず圧巻だったし、原生林の多いところもこの山の好きなところなのだけれど、今回のハイライトは土の中から聞こえて来た音。
ギリギリ、ギシギシ、ギギギ、と何かは軋む音がまだあまり増えていない水があった場所から聞こえていて、なんだろうと子供達とかがんで聞きました。
私は全く分からなかったのに、子供の誰かが「カエルだ!」と言って、冬眠しているカエルが土の中にいること、目覚めた事を知ったのです。
「ゆうびんやさんのほねほねさん」という絵本がありますが、それに出てくる「土の中アパート」が私のイメージ。
見えないところにも命があることを再確認した春の山でした。

春日ヨガ教室
シンギングボウルヒーリングスペース晴音
小島麻衣

スポンサーサイト

  • 2020.07.28 Tuesday
  • 07:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM